フィッティングポイントを知っているだけでブラ選びが変わります!

フィッティングするのって、気が進まなかったり面倒だったりしますが、フィッティングしてブラを選ぶことはとても大切。

 

フィッティングしてもらおう!と思って張り切ってお店に行ってもフィッティングの際のポイントを知らずに選ぶのと、知ってからフィッティングするのとでは選ぶブラも変わります!

 

せっかくフィッティングをするのだから、正しいフィッティング法を知って、自分の胸に一番あうブラが見つかるとイイですね^^

 

また、ネット注文したブラをフィッティングする場合などは、自分でチェックする必要があります。
参考にしてみて下さい♪

 

ブラのフィッティングポイント

 

@フィッティング時は正しくブラをつけて!

 

・ブラのストラップを肩にかけたら前傾姿勢になり、
ブラの下側を脇部分に当て、胸をカップに入れ込みながら
後ろのホックを止めます

 

・前傾姿勢のままで、ストラップを少し上に浮かせて、
胸全体をデコルテ方向に引き上げます。
片方の乳房ごとに優しく行ってください。

 

・体をまっすぐにおこしてストラップの長さを整えましょう。

 

 

Aちょっと動いてみる(^O^)/

 

ラジオ体操の体をひねる動作の部分のように
体を左右にひねって動かしてみる
・小さくひねる
・大きくひねる
(フィッティングルームの壁に手をぶつけないように(笑))

 

★腕を上や下にも動かしてみる←ここ、大事です!

 

 

上に動かしたときにアンダーがずれあがるようならば
ホックで調節してみる。それでもずれるならば
このブラはやめておく。

 

 

B問題なければ、着け心地を細かくチェックしていく

 

■上胸当たりはどうか?
(ブラが浮いていたり、胸に食い込んでいたりするのは×)
■ブラの中央部(カップとカップをつなぐ部分)が浮いていないか
■アンダーバストは苦しくないか。ずれ上がらないかもう一度チェック

 

 

■ストラップは長さを調節して食い込みやずれがないか
■乳房の底のふくらみ部分(バージスラインという)は
 ワイヤーなどが食い込んだり、型になったりしていないか、
 バージスライン付近のカップがスカスカしていなか

 

 

■背中を鏡に映して、背中がデコボコしていないか
(これはアンダーバストが食い込んでいる証拠;)
■脇あたりに肉が浮き出たりたるんだりしていないか

 

 

■ホックの部分が浮き上がっていないか
(バストが重く、ブラのカップが小さすぎた場合は、
 胸の重さでバスト部分が下がりホック部分あがります)

 

↑これらの点をチェックして当てはまった場合は
別のブラを試着しなおしましょう。


スポンサードリンク


時間がかかってもよいように、時間的にゆとりのある日に
ブラのフィッティングを行いに行く方がよいですね。

 

 

そのお店のルールに従って、いくつか選んだブラを一度に試着させてもらう方が、
着替えや移動などの時間短縮ができます。

 

2〜3点はOKなお店が多いかと…。

 

 

色々なブラを試着することは店員さんに迷惑がかかるからと思わず、
自分に合うブラが見つかるまで粘ってよいです。

 

 

それが店員さんの仕事なのですから…。遠慮せずに試着して、
一番自分に合うブラを見つけられることが店員さんにとっても、ブラを作っている方々や
開発されている方々にとってもうれしいことなのです^^

 

 

ネットでブラを買う場合はフィッティング送料無料のお店もありますので
チェックされておくと良いですね!

 

スポンサードリンク



関連ページ

年齢で変化した胸に合うブラ選び
正しい自分に合うブラの選び方について。実は、年齢によって胸の固さも変化しているので、ずーっと同じブラをつけていたのでは、だんだんそぐわなくなり、バストの型崩れにつながります。