正しいブラジャーの選び方って?バストの変化に合わせて選ぶポイント!


当ページは、「誰も教えてくればいブラジャーの選びのポイント」をまとめています。

 

バストは日々変化しているものです。
月経周期で胸が張ったり大きくなったりするのもその1つですが、
体重の増減や精神的な部分にも左右されています。

 

バストの変化にしっかり向き合いながら、最もあなたの胸を美しく見せてくれ、支えてくれるブラジャーと出会って下さいね!

 

こんな場合はブラサイズが違ってる可能性も!

 

  • どうもブラが自分の胸にそぐわない…
  • 着け心地が悪いし、ブラのカップの部分が
  • 余っているような気がする…
  • 動くとすぐにずれて、アンダーが気持ち悪いし、手を挙げただけでもブラがずれる
  • ブラがずれやすいと頻繁に直さないといけないしすごく不快感がある

 

こんな風に思われているなら、今つけているブラサイズが
あなたの胸に合っていないのかもしれません。

 

ところが、胸が離れている方は、胸の肉はあるのに、小さ目のブラを選んでしまいがち。
自分はBカップだと思っていて、お店の人に測ってもらったらDカップだった(;'∀')という場合もかなりあります。

 

ブラ選びって時間がかかるし、案外フィッティングは面倒だったり、恥ずかしがったりして
試着せずに買う女性も多いのが現状です。

 

フィッティングしていても、そぐわない場合があるのに、試着なしで買ったらやっぱり体とのズレ幅も大きくなりがちです。

 

今のブラが合っているのかどうか簡単なチェックをしてみましょう!
1年以上ブラのサイズをちゃんと測ってない方は当てはまる可能性が十分ありますよ('ω')

 

□体にブラが食い込んででこぼこや段ができている
□アンダーを上げたり下したり、無意識にしてしまっていることがある
□ブラを外すとなんだか、”楽”
□肩紐ストラップがよくずれ落ちて気持ち悪い
□カップを押すとパカパカしている

 

1つでも思い当たる部分があると、今つけているブラはあなたの体に合っていないのかも…。

 

 

自分の体に合っていないブラを着けていると、バストの型崩れ、縮小をおこしてしまいかねません。

 

正しいサイズの自分にあうブラを見つけて体に負担をかけないようにすることが大切ですね!

 

 

特に日中の動作の激しい時間帯に着けるブラはしっかりと自分の胸・アンダーバストに合うもので、胸をホールドしてくれるものをつけるようにしましょう。

 

 

ブラはただちくびが目立たなくするだけに着けるものでもおしゃれのために着けるものでもなく、胸を揺れや振動、重力から守り、垂れさがるのを防ぐ役割が大きいので、ちゃんとしたブラを正しくつけて過ごして、美乳をたもってくださいね^^

 

 

次は、年齢と共に変わりゆく胸の特徴と、ブラ選びのポイントについてです。

 

年齢で変わるバストとブラ選びのポイント

 

胸の柔らかさが変化するなんて、意識したことがなかったかもしれませんが、女性の胸は加齢とともに柔らかくなっていくものなのです。

 

年齢に合ったブラを変化に応じて探して付け替えていくことが美しい胸をたもつ秘訣ですよ!

 

胸には変化があるのにブラはずっと同じというのはよくありませんので・・・

 

◆10代女性のブラの選び方◆

10代の胸が成長し始めたころの胸は乳腺が発達してきて一番固く、とくに大人が使用するようなワイヤーブラだと胸の成長を妨げてしまいます。胸の固さとブラのワイヤーが合っていないのです。

 

胸の成長を妨げない柔らかい作りのブラを選びましょう
バストをワイヤーで固定するようなものは
バストの成長を妨げる原因になりかねません!

 

 

◆20代女性のブラの選び方◆

 

20代になると、10代のころの胸の固さはなくなり、胸内部の成長も落ち着きます。
最も安定した美しさのあるバストが保てるのが20代!

 

ただ、この時期に「楽さ」を求めてしまうとバストの型崩れになります。

 

例えば、「ブラトップ」
ブラトップは楽だし、外も出歩ける便利なものですが、
バストの形を守る機能はありません。

 

また、彼氏とのお泊まりデートなどを意識するほどに
かわいいデザインのもの目を奪われてしまいますよね。

 

でも、大切なのは「自分に合ってるかどうか」ってこと。

 

デザインだけで選ぶのではなく、しっかりフィッティングなどを行って
自分の体・胸の形・胸の質に合った物を選びましょう!


スポンサードリンク


◆30代女性のブラの選び方◆

 

30代は結婚、引っ越し、妊娠、出産や授乳、子育て・・・と人生の大イベントが目白押しの年代。

 

30代前半までは、特に意識しなくても
ハリのある乳腺が保て、大人の女性としての魅力があふれる時期でもありますよね^^

 

30代中頃が近づいてくると、徐々に胸のハリが低下しやすく方も、ちらほら出てきます。
これは女性ホルモン分泌による所もありますが、生活の変化によるストレスなども大きいですね。

 

特に出産前後ではバストのサイズが短期間に大幅に変わり、卒乳すると垂れやすく変化します。そのころからだんだんと胸が柔らかくなります。トップの位置も下がり気味になってきます。

 

授乳中はバストの下垂を意識して、赤ちゃんのお世話に忙しくても、バストのことをしっかり考えた授乳ブラを選んで着けましょう。

 

母乳で重くなったバストを維持するためには、授乳ブラが大きな役割を担います。

 

卒乳したあとは、背中・脇方向に流れやすくなった胸の肉を
しっかりとバスト部分に固定できるようなブラがよいでしょう。

 

 

◆40代〜女性のブラの選び方◆

 

40代を過ぎると、女性ホルモンの分泌は急速に低下して、乳腺が衰退しはじめる時期です。

 

胸の脂肪はさらに柔らかさをまし、ハリや弾力がなくなっていきます。高さもなくなってきて、柔らかくて脇に流れやすい胸に変わっていきます。

 

下垂や横に流れていく肉をしっかりとバスト部分にもってきて固定するようなブラを選びましょう。
また、たるんだ背中や脇の肉を補整してくれるものもよいですね!

 

自分の年代と胸の形、質に合ったブラを歳を増すとともに見つけていくことが大切なのです!

 

★もう一つ大切なのが、フィッティングの仕方…。間違ったフィッティングで胸をつぶさないためにも是非、↓を読んでみてからフィッティングされてくださいね^^
関連記事
ブラのフィッティグのポイント!「合わない」と買って後悔しないために

 

 

 

まだ20代の方は「バストの型崩れ」についてはそれほど気にならないかもしれません。
でもバストの形って、対策をしていないとどんどん崩れるので気を抜かないことが大事です。

 

バストの形が崩れやすいワケは「胸の90%は脂肪で出来ている」からですね。

 

胸の形が崩れる前に、自分の胸に合うブラを見つけていきましょう!

 

今の自分の胸のサイズを知って、正しいブラのサイズを選ぼう!

 

大体の自分のサイズやデザインで選んで買ってしまうという方もいると思います。
また、胸のサイズを測らずにブラを選び始めてしまうことも、多いのではないでしょうか?

 

しかし、サイズや見た目だけで選んだブラって、うまくバストにそぐわなかった経験ありませんか?

 

せっかく気に入ったデザインが見付かったのに、サイズだって自分の普段のものと同じなのに、なぜあわないの?と残念に思うこともあると思います。

 

女性の胸の形は、千差万別。
それをサイズだけで選んでしまっては自分に合うブラとは言えません。

 

そもそも、ブラをつける意味は、バストの位置を保って、美しいラインを引きだすこと、バストの下垂を防止することなどですが、自分に合わないブラをつけていると、とんでもないことになります。

 

 

それは、バストの形が崩れてしまうのです。
自分の胸にそぐわないブラを無理してつけるのは、気持ちが悪い上に、ストレスもたまります。

 

それがどんなに高価なブラジャーであったとしても、自分の胸に合っていなければ、価値がないものとなってしまいます。

 

 

だから、これから述べる点について、意識しながらブラを選んでみてください!

 

 

〜ブラを探す前に、採寸しましょう〜

 

「アンダーバストとトップバスト」
この差が、何センチあるかで、
選ぶカップの大まかな基準がきまります。

 

10p前後の場合→Aカップ
13p前後の場合→Bカップ
15p前後の場合→Cカップ
18p前後の場合→Dカップ
といった感じです。あくまでも目安です。

 

 

自分に合うブラを探すポイント

 

@アンダーのサイズが合うかどうか
60、65、70、75、80…

 

大体5p刻みで作られています。
もし、自分は67pなんだよな〜という方は、
65にすればいいのか、70にすればいいのか困ると思います。

 

それぞれのブラをつけた感じにもよりますが、
基本は少し大き目の方を選びましょう。

 

理由は、きついブラをすると、胸の周りの血流が悪くなってしまい、
バストが育たないどころか、美しさを保てなくなります。
だから、きつすぎるよりは、ちょっとゆるめの方が良いということになります。
後ろのホックで少々は調節ができますので…

 

 

Aカップの形を合わせる

 

・フルカップ:胸全体を包み込むような形です。
割と大き目の胸の方に良いと思います。妊娠中やスポーツ時に、
体に負担をかけたくないという方にもおススメです。

 

・3/4カップ
ワイヤー入りが多い。サイドや下から胸の中央へ、ボリュームを集めたい人に。

 

・ハーフカップ
トップバストぐらいまでしかカップの高さがないもので、
ワイヤーが入っています。

 

基本は、つけてみて、自分の胸の形に一番フィットするものがよいです。

 

 

Bチェック方法

 

小さすぎているサイン:
ワイヤーが胸のサイドまで届いていない。
だから、胸の脂肪が脇の方へとはみ出し、背中方面へ押しやられてしまっている。
谷間が、真ん中で段になって、胸が押しつぶされている。

 

大きすぎているサイン:
助骨にワイヤーが突き刺さるようで痛い。
バストとブラに隙間ができている。こうなると、
隙間に胸が下がり込み、垂れの原因になりますよ。

 

 

自分に合っているサイン:
円周が自分の乳房に合っている。ブラのワイヤ―のカーブの具合と
バストの丸みとがうまく合っている。
カップの上側の縁が乳房を抑え込んでいない。
バストトップの位置がブラのトップ位置と合っているとよりいいですね。

 

 

バストトップの位置がブラとずれていると
こすれていたいという方もおられますし、
乳頭の黒ずみの原因にもなりかねませんので。

 

〜通販で購入する場合〜

お店に出向いて、店員さんに採寸や調節などをお願いするのが
良いと思いますが、嫌な方や時間のない方もいるでしょう。

 

 

通販カタログなどで注文する場合は、一度にたくさん買うのではなくて、
良さそうなブラを1つ選んで注文し、実際につけてみてよければ、
追加注文するといいでしょう。

 

その際に、返品はできるのか、送料はかかるのか
といったことをしっかりと調べておきましょう。

 

インターネットで注文する場合は、
1回目の交換は送料も無料で行っているところもあります。
調べてみてくださいね!

 

ワコールやトリンプは王道ブラメーカーですが、
他にも色々なブラメーカーから可愛くても
しっかりとしたブラが通販できます♪

 

スポンサードリンク



関連ページ

ブラのフィッティグのポイント
ブラのフィッティグのポイント!ブラを買ってから、全然自分の胸の形に合わなかった〜!という経験はありませんか?ココではブラジャーのフィッティング時に見極めるポイントについてお話します。