プエラリアの過剰摂取は注意が必要。副作用が出る場合も。

プエラリア・ミリフィカには、イソフラボンと、ミロエストロールという成分が含まれています。

 

 

プエラリア・ミリフィカに含まれるミロエストロールは強力に女性ホルモンのエストロゲンを活性化する成分で、非常に強い効果があることから、副作用を考えた摂取が必要なのです。

 

 


スポンサードリンク


プエラリアに含まれているイソフラボンでエストロゲンが増えすぎる?

 

プエラリア・ミリフィカは古い時代から、ミャンマーなどの地域では
食されてきているもので、問題はないのですが、サプリメントとして
濃縮されている場合は、摂取量を守らなければ、体の害となり得るのです。

 

 

日本では、特定保健用食品に含まれる「植物性エストロゲン」の1日の摂取量が定められています。

 

大豆イソフラボンアグリコンに換算して1日30mgが上限なのです。

 

 

"イソフラボンに換算して"というのは、
「イソフラボン」も過剰摂取をすれば、健康障害を起こすからです。

 

 

大豆のイソフラボンは、女性ホルモン不足による更年期の症状を緩やかにしてくれる作用がある、温和な女性ホルモン効果があるのです。しかも、骨から流れ出すカルシウムをとどめ、骨粗しょう症が予防できるという優れた成分なのですよね。

 

 

ただ、普段の食生活の中では、イソフラボンをたくさん摂るのはかなり大豆製品を食べなければ、到底無理ですが、サプリメントとなると、ちょっとしか摂取していないつもりでも、イソフラボンの含有量が高ければ、過剰に摂取してしまいがちなのです。

 

 

その影響はイソフラボンの一つである「ゲステイン」をたくさん含んでいる草を毎日食べている家畜が不妊症になったという例などからも、イソフラボンの過剰摂取が懸念され、1日の摂取量が定められたのでしょう。

 

 

 

食品安全委員会からの発表で、大豆製品の過剰を摂取することで、大豆イソフラボンが女性ホルモンと同様の作用をもっているので妊婦や乳幼児、閉経前後の女性に悪い影響を及ぼす可能性があると発表されたのです。

 

 

このようなイソフラボンの増えすぎなどを気にすることなく、もっと効率的にバストアップ&胸の脂肪をつけていく方法については⇒

 

 

女性ホルモンのエストロゲンは、胸の乳腺や子宮内膜に作用していきます。その影響で生理不順や乳がん、子宮体癌を発症と促進が起こりやすくなります。

 

 

プエラリアは、イソフラボンで有名な大豆の数十倍にもなりますので、プエラリアの過剰摂取は特に気をつけなければなりません。

 

プエラリアの1日の摂取基準は400r以下が主流ですが、色々な見解があります…。
ようはサプリメント別の濃度も関係してきますので、プエラリアサプリを摂取される方は、掻くサプリの用法容量をしっかり守ってくださいね!

 

スポンサードリンク



関連ページ

プエラリアで吐き気が!副作用?
プエラリアを飲んで吐き気がする症状が出て気になっている女性へ。副作用の原因は商品選びにも関係しているんですよ?プエラリアと吐き気と副作用について参照されてみてください!
プエラリアでaカップからバストアップ
プエラリアならaカップからバストアップできるかな?と期待をもちますよね?なぜならプエラリアには、強力な女性ホルモン活性成分が入っているからですね。
チェストベリーの効能
チェストベリーの効能で胸が大きく!?チェストベリー(チェストツリー)は、バストアップにはお勧めの成分です!特にサプリとして摂取するのがイイですよ!バストアップにイイワケとは?