上向きバストを支えているのは、“三角筋”だった!

バストを支えている筋肉は、大胸筋の他にもたくさんあることを前回の記事でお伝えしましたが、今回は三角筋を鍛えることについてお伝えしていきます☆

 

 

三角筋は上腕から肩をおおっている筋肉で、胸を広げてバストを上向きに支える力を補う
大事な役割をはたしています。

 

 

三角筋は腕を前後にも左右にも上下にも動かす際に動く幅広い筋肉です。三角筋を鍛えて、しっかりバストを上向きに保ちましょう☆


スポンサードリンク


三角巾を鍛える方法について

<三角筋の筋トレ@>

 

両手に重さのあるものをもちます(例えば水の入ったペットボトル)
両手を肩の高さまで持ち上げ、ゆっくり戻す。
(左手―肩―肩―右手と一直線になる)

 

☆肩の力を意識してもちあげると鍛えられますよ!

 

 

<三角筋の筋トレA>

 

両手に重さのあるものをもちます(例えば水の入ったペットボトル)
両手を前へ肩の高さまで持ち上げ、ゆっくり戻す。
(前へならえ!の状態に)
☆肩の力を意識してもちあげましょう。

 

 

<三角筋の筋トレB>

 

椅子に座って背もたれに背中を付ける
足は地面にしっかりとつける。
肩幅にペットボトルをもち、少し肩よりも上にペットボトルがある状態にもって、
手のひらを前に向けて、そのまま押し上げます。(万歳になる)
そして元に戻します。

 

 

回数は無理のない程度で構わないと思いますが、各5回ずつくらいを毎日続けられると良いでしょう。

 

 

<三角筋のクロス運動>
これは大胸筋と三角筋の両方が鍛えられる方法です!

 

 

肘を伸ばして、掌を下に向けます。腕を水平に保って胸の前で左手と右手をクロス!!
右腕も左腕もしっかりと体の方へ力いっぱい引き寄せるように意識して。そのまま10秒キープです!

 

 

※この時に肩の筋肉(三角筋)に力が入っていることを意識してするといいです。

 

 

腕立て伏せでも三角筋の前側を鍛えられますよ!胸を支えている筋肉ってこんなにもいろいろとあるんですね。一度にたくさんしようと思わずに少しずつでよいと思います。

 

 

こうして、筋肉をストレッチしたり鍛えたりしているというのは、ちゃんとその筋肉を使っているということにもつながります。

 

 

筋肉は使わないとどんどん衰えていくだけなので、こうして少しずつでも使うことは健康や老化防止にも役立ちますね!!

スポンサードリンク



関連ページ

バストアップには腹式呼吸!
バストアップにはより良い呼吸法、腹式呼吸についてお話しています。バストアップのためには、ストレス解消とリラックスが必要ですからね!
胸の筋トレでバストアップ!
胸の脂肪まで落ちない大胸筋の鍛え方について。筋トレでバストアップしたい女性は、胸の脂肪がなくならないか心配ですよね。是非ご覧になられてみてくださいね!
大胸筋・小胸筋でバストアップ
大胸筋を鍛えるだけでバストアップできる?じつは小胸筋という筋肉もバストアップに大きくかかわっていたのですね!小胸筋のストレッチでバストアップ効果を上げる方法をお話しています。
大胸筋の鍛え方!
大胸筋の鍛え方について、自宅で簡単バストアップストレッチをする方法をご紹介しています。大胸筋は使わなければすぐに衰えてしまうので、自宅で定期的に行いましょう!