女性ホルモンを増やしてバストアップするには?

現在胸が小さい方は「乳腺」が未発達の可能性が・・・。

 

このページでは、女性ホルモンがバストの発達にどう関係するのか、
女性ホルモンを増やすためには何をすべきなのかをお話しています。

 

バストの構造と乳腺とは?

 

バストの主な構成要素は、「脂肪」と「乳腺」です。

 

乳腺は乳頭の周りに20〜25個くらいの塊で
放射線状に配置されています。
その乳腺の周りについているのが脂肪です。

 

そう、胸の大部分は「脂肪」でできています。
乳腺の周りについている脂肪(皮下脂肪)
乳腺脂肪体といって、乳腺を守る働きがあります。

 

胸の大きさは、この乳腺脂肪体の量で
変わってくるのです。

 

※形や感触の違いは、
乳腺質と脂肪質によって異なるようです。

 

乳腺質の胸は、乳腺葉がたっぷり入っているので、
少し固めのバストですが、大きくても
垂れにくい特徴があります。

 

日本人は脂肪質で、乳腺量が少なく、
加齢と共にハリが低下し、
垂れ下がりやすくなる傾向があります。

 

 

女性ホルモンが増えることによって、
バストの乳腺が発達して、胸が大きくなる成長を促していきます。

 

女性のバストは乳腺が発達することによって、
その胸の大きさが決まってくるようなもの。

 

 

乳腺は思春期に主に成長します。

 

思春期は急激に女性ホルモンの分泌が
盛んになることで、乳腺の発達が促されます。

 

ところが、女性ホルモンの分泌を阻害することが
たくさんあります。思春期にも…

 

  • 受験
  • 恋愛
  • 友人関係のストレス
  • ダイエットによるもの
  • バランスの悪い食生活
  • 運動不足
  • 睡眠不足

などなど。

 

こうした日常生活が大きく関係しているのですね;

 

 

バストをつくる女性ホルモンは体脂肪率にも関係がある!

 

女性は、体脂肪率が10%を下回ってしまうと、
女性ホルモンの分泌が止まってしまいます。

 

(女性ホルモン「エストロゲン」は
体脂肪の中に保存されます。

 

体脂肪が増えるとエストロゲンの分泌が
増えることも分かっています)

 

 

女性ホルモンの分泌が止まってしまうと、
胸は成長しません。

 

女性らしい体を保ってくれる女性ホルモンの中の
エストロゲンがない状態では、豊胸はできないのです。

 

それどころか、肌のハリや潤いさえも無くなってしまいます。

 

痩せ型の人は女性ホルモンの分泌量が
太っている人よりも少なくなり、
胸の成長がしにくいというわけです。

 

ですので、体脂肪率が低すぎる方は、
増やす努力をすることで、
女性ホルモンの分泌をアップさせていきましょう!

 

 

※女性ホルモンを増やすためには、
女性ホルモンアップのための栄養素が必要ですが、
やはり食事対策だけでは時間がかかります。

 

 

女性ホルモンの分泌を増やせば、20代でも胸は大きくなる?

 

疑問に思われるかもしれませんが、大きくなりますよ!!

 

 

当サイトの管理人も実際に体験していますが、
女性ホルモンが活性化されたことで、
バストアップができました。

 

乳腺の発達も実感しましたし…

 

2カップアップくらいなら、
ほとんどの女性が目指せるのではないでしょうか?

 

 

ただ、女性ホルモンの分泌を妨げる、
先ほどの項目は注意しながら
生活することが大切です。

 

今のスタイルは、これまでの
自分の生活によって作られていますので・・・

 

乳腺を早く発達させて胸を大きくしたい方は⇒

 

バストアップのためにも、
乳腺発達のための女性ホルモンについて、
少し詳しく知っておきましょう!

 

 

 

女性ホルモンはバストアップにどう関係するの?

 

女性ホルモンは胸が大きくなるためには、
必須のホルモンですね。

 

その「エストロゲンやプロゲステロン」とバストアップの関係について、
知っておくことで、バストアップをより良く進めることができますよ!

 

 

バストが大きくなるには?

 

女性の体は女性ホルモンによって保たれています。
では女性ホルモンの仕組みと働きは
どうなっているのでしょうか。

 

女性ホルモンとは「エストロゲン」と
「プロゲステロン」の2種類のホルモンが
交互に作用して、女性の体を保っています。

 

 

バストへの働きとは?

 

エストロゲンには女らしさを作る大きな役割があった!

 

どんな働きかというと、

 

  • 豊かなバストをつくりだす
  • 肌の潤いやハリを保つ
  • 気持ちをリラックスさせる
  • 血管を丈夫にする
  • 骨を強くしてくれる
  • コレステロールをコントロールする
  • 血圧をコントロールする
  • 記憶力を良くする
  • 髪の毛をつやつやにする
  • 内臓肥満を予防してくれる

 

こんなに素晴らしい働きをしてるのですね。

 

一見「バストに関係ないじゃない?」と
思われた項目もあったと思います。

 

でも、実はかなりバストの成長と維持に
関係してますよ!

 

エストロゲンが子宮や乳房に働きかけることで、
女らしい、しなやかでふくらとした体をつくっていくのです。

 

 

ちなみに、プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、
子宮内膜を整えて、妊娠を継続させ、
子宮の収縮を抑えて流産を防ぐ働きをしてくれるのです。

 

(妊娠していなければ、月経を起こさせて
子宮内をきれいに整えます)

 

そのプロゲステロンも、
バストの乳腺を発達させるという重要な役割をもっています。

 

女性ホルモンはどこから分泌されている?

 

それは卵巣です。

 

女性ホルモンは、脳の刺激で、
性腺刺激ホルモンが分泌されて、
卵巣が女性ホルモンを作ろうと働き始めます。

 

これは、ある程度体が成長して、
子どもを産める体に成熟してきたと脳が判断したら、
卵巣からエストロゲンが分泌されて、
妊娠できる体へ準備をはじめます。

 

 

そして、排卵(生理)が始ります。

 

また、卵子が成長すると、受精後の準備に備えて
プロゲステロンが卵巣から分泌されます。

 

 

つまり、卵巣の働きを良くすることが
女性ホルモンの量を増やすことにつながります。

 

 

卵巣が老化すると女性ホルモンはうまくつくられなくなり、
女らしい体つきを保てなくなります。

 

女性ホルモンがしっかり分泌
    ↓
乳腺が発達
    ↓
バストが大きくなる

 

こんな感じですね!

 

だから、女性ホルモンを分泌させることが、
バストアップのカギとなるのです!


スポンサードリンク


 

卵巣の働きを良い状態に保ってバストアップ!

 

女性ホルモンの分泌を促すのは、卵巣。

 

この卵巣の働きがよくなれば、女性ホルモンが増えて、
バストアップしやすい体になっていきます。

 

そのために大切なこととは!?

 

卵巣機能を良くするポイント!

 

@血液循環をよくして、卵巣を元気にする

 

血液の循環がよくなると、栄養や酸素が全身に運ばれ、不要な老廃物も摂り去ってくれるので、卵巣が元気になって女性ホルモンも規則的に分泌されやすくなります。

 

 

逆に、血行が滞ると、新陳代謝が衰えて、体温が上がらなくなります。この代表的な例は、冷え症・腰痛などです。心当たりはありませんか??

 

 

A質の良い血液をつくって、血液循環をよくする

 

血液の質が落ちると、臓器や体のいろいろなところに悪影響が及ぼされ、卵巣もダメージをうけてしまうのです。

 

 

では、質の良い血液をつくるには?
食事が大切です!特にたんぱく質、鉄分、ビタミンが絶対不可欠です!

 

 

たんぱく質をたくさんとるために

 

 血液も、肌や脳、細胞など体すべての部分をつくっているのがたんぱく質!たんぱく質が不足すると、パワーがでない、疲れやすい、血行が悪くなる、老けて見える、こんな状態になってしまいます。しかし、たんぱく質をしっかりとれていたら、血液の質もあがり、血行がよくなって、冷え症も改善されます。

 

 

日本人に冷え症の人が多いのは、慢性的なたんぱく質不足なのですね。原因は昔からの食生活にあります。お米やイモ類などのでんぷん質中心の食事では、たんぱく質が足りないのです。

 

 

◆おススメのたんぱく質を含んだ食材例◆

 

・赤身のお肉、鶏肉、魚、豆類
特に、40歳を過ぎたら、脂肪の摂りすぎには注意したいですので〜

 

 

☆別ページに、卵巣に良い「たんぱく質」を多く含んだ食材紹介ページを設けていますので、参考になさってくださいね^^

 

「卵巣を元気に働かせる」にはマカもいいですよ^^

 

卵巣機能アップの栄養素を
たっぷりと含んでいます♪

 

マカは天然の栄養の宝庫と呼ばれるほど、
栄養がたっぷり入った植物で、
最近不妊の方にもかなり注目を浴びています。

 

妊娠中の栄養源の確保にもマカが利用されるほど、
成分自体も安心という〜非常に優れた成分で、

 

「タンパク質(アミノ酸)」も摂れます^^

 

 

基本的には、普段の食事が最も重要ですが、
やっぱりなかなか「バストアップ」という所までは
見えてこない・・・

 

管理人もその経験がありますが、
乳腺が発達するレベルで、
ホルモンを活性化させるとなると、
それなりの努力は必要です。

 

管理人は、「どーしても」という思いが強かったので、
思い切ってバストアップサプリを試しました。

 

 

結果的に、管理人の場合は、
AカップからCカップになったって感じです^^;

 

胸がぱんぱんに張って、
どんどん大きくなっていきましたので、
自分でもビックリ。

 

 

食べ物で変わらなかったバストが、
どんどん変化したので、
「あきらめなくて良かったな」、と心底思いました^^

 

 

今は昔に比べて、体に影響が出ない
配合や量などの研究も進んでいるので、

 

「どーしても・・・」という方は
「体に負担がないかどうか」という視点で
バストアップサプリを探してみるとイイと思います。

スポンサードリンク



関連ページ

ホルモンバランスも大事
生理前にイライラするのはなぜ?イライラが募ることで、バストを保つためにも少なからず影響が出てきます。女性ホルモンのプロゲステロンにも関係があるので、是非参照されてください!