猫背の人の胸が垂れる理由は、血液にある!

猫背になることで「血液循環」に変化が起こり、色々な弊害を起こしていきます。

 

 

 

「猫背で肩や首のこり、頭痛が起こる!?」

 

 

背中が曲がった姿勢は、頭を支える肩の筋肉が緊張している状態なので、猫背の人は肩が凝りやすいのです。

 

 

また、顎があがって、首の後ろの筋肉が収集してしまうので、首がこって、頭痛がおこる。

 

 

また、猫背によって、骨自体が歪み、腰痛になったり、肺活量がへって、心肺機能が低下して、脂肪を燃やす基礎代謝力が低くなったりしてしまう。

 

 

上記に述べた「首・肩こり」についてですが、肩のあたりの血液の流れが滞るから肩がこるのです。女性の胸というのは、胸だけで独立しているのではなく、周辺の筋肉や細胞、肌、リンパ、血管などに支えられて成り立っています。

 

 

胸部の筋肉といえば、大胸筋が胸と関係するということは知っているでしょう。でも、肩が胸に関係するなんてなかなか思いませんよね^^;

 

だから、肩の血流が悪くなると、胸周辺の血流も悪くなり、胸に必要な栄養素が届かなくなってしまいます。


スポンサードリンク


猫背は見た目だけでなく、骨のゆがみなどの障害を引き起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

猫背のせいで、乳房の血流も悪化しており、老廃物がたまりやすい状態になる。

 

肩がこると肩が冷える。
肩が冷えると胸も冷える。
胸が冷えると胸は固くなって、
下垂をまねきやすくなる。

 

 

柔らかいおっぱいを作るためには、

 

胸を温かくする必要がある。
温かくするためには、胸の血流をよくする。
胸の血流をよくするためには、上半身も含めた体全体の血流をよくすることが重要!

 

なのです。

 

 

猫背を治すことで、上記のことも改善でき、“いいバスト“をつくることができるのです。

 

 

では、どのように猫背を治せばよいのか。

 

<1、矯正バンドなどを使う>
<2、整体に通う>
<3、ストレッチ>
<4、腹式呼吸>
<5、ヨガ>
<6、トレーニング>
と方法がある中の、
6、トレーニングについてここで紹介します。

 

トレーニング

 

猫背になる要因に、“筋力低下”がある。筋力の低下を防ぎ、また、落ちてしまった筋肉を
つけていくことで、猫背も改善できるのです。少しずつでも、自分のペースで継続していきましょう^^

 

基本的な姿勢を意識してウォーキングしよう!

基本姿勢:
歩く時は膝の後ろを伸ばすように心がける。
※胸の張りすぎに注意して

 

 

運動不足を解消したら、肩コリや腰痛は軽減されやすくなり、筋力も付いてきます。

 

 

<背骨を伸ばすためのトレーニング>

 

人の背骨は、横から見て前と後ろに筋肉(腹筋と背筋)がつき、
バランスを保っています。
もし、腹筋が突然なくなったら?

 

 

バランスを保てなくなって、つぶれてしまいます。
こんな状態が続くと、背筋がのばされ背筋の筋力が落ちて
猫背になってしまいます。

 

 

こうなる前に、腹筋、背筋などの筋力を鍛えましょう!

 

 

 

○腹筋を鍛える
足をあげて鍛える:仰向けになり、片膝をまげる。→もう片方の足を軽く上げる
上半身を起こして鍛える:通常頭の後ろに手を当てて行う腹筋を、お胸で腕組みして行うとよい。

 


○背筋を鍛える
うつ伏せに寝て、頭や胸を浮かすようにそりかえる

 

筋力は使わなければ、確実に低下します。
だから、猫背になる前に、
少しずつ鍛えておくことをおススメします。

 

 

<1、矯正バンドなどを使う>
<2、整体に通う>
<3、ストレッチ>
1、2、3について詳しくは⇒こちら「矯正バンド・整体・ストレッチ」

 

<4、腹式呼吸>
詳しくは⇒こちら「腹式呼吸」

 

<5、ヨガ>
詳しくは⇒こちら「ヨガ」

 

各ページでご紹介している詳細も参考になさってくださいね!

 

 

また、猫背で血流が悪くなっている女性の場合、血液をしっかり循環させることも大事ですが、血液自体をたくさん作って体の中を巡らせることも大切です。血液も食べ物の栄養(タンパク質・ビタミン・鉄分)からできていて、食事がとても大切。

 

マカには天然のミネラル「鉄分」も豊富ですし、コラーゲンの生成を促すプロリンが豊富に含まれていて、美肌、美胸にもつながります♪
一度チェックされてみては?

スポンサードリンク



関連ページ

バストと猫背
”胸活”では胸が小さくて悩んでいる方も、形をキレイに整えたい、垂れた胸、左右差のある胸、離れ胸をキレイなバストにしたいと思われている方もそれぞれの悩みを自分で解決する「カギ」となることについて詳しくお話しています。”胸活”で美乳をめざしませんか?