妊娠すると乳首が黒ずみやシミができても、元に戻るの?

妊娠すると乳首やデリケートな部分などが
黒ずむといいますが、黒くなるのって嫌ですよね;
妊婦のちくびの黒ずみは仕方ないにしても、
理由を知っておきたいものです。

 

 

 

なぜ黒ずみやシミが起こるのでしょうか?


スポンサードリンク


 

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が促進されます。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあって、
メラノサイトを刺激する作用があります。

 

 

メラノサイトとは、メラニンを作り出す細胞のことで、
黒色素胞(こくしきそほう)といわれます。

 

 

メラノサイトが刺激されると、メラニンが増えて、
色素が沈着して、黒ずみやすいのですね。
だから、乳首やその他のデリケートな部分も黒ずむのです。

 

 

メラノサイトは刺激を受けると「チロシナーゼ」活性酸素を生み出し、
それがメラノサイトの中にあるチロシンと結合することで、
メラニン色素が生産されていくのです。
紫外線を浴びると同様の変化が起こって、日焼けやシミが起こるのです。

 

 

妊娠すると、シミやそばかすが増える方もたくさんいますが、
それは、女性ホルモンの影響でメラノサイトが刺激を受けて
メラニン色素が生産されるせいなのです。

 

 

 

女性ホルモンの変化や体質によって、乳首が黒ずむ人もいれば、
特に変化がない人もいます。

 

 

もう一つの理由は、可愛いベビーのため(*^^*)

 

 

赤ちゃんは生まれたばかりの時って、目があまり見えていないのですね。
生後1〜2か月の赤ちゃんは、黒や赤などの
はっきりした色ぐらいしか見えていません。

 

 

でも、生まれてすぐにお乳を飲まなければならない。

 

そんなとき、乳首が黒ければ、
ここにママのおっぱいがあるってわかりやすいですよね。

 

だから、赤ちゃんのために神さまがわざと黒くしているのかもしれません^^

 

 

赤ちゃんの目が見えるようになってくる生後2か月ごろになると、
妊娠で黒ずんでいた色々な部分が元の色に戻ってきます。

 

 

女性ホルモンの分泌量が通常の状態に戻るため、
黒ずみやシミなども薄れてくるのです。

スポンサードリンク



関連ページ

ルミキシルでバストの黒ずみを薄く
ルミキシルというホワイトニング成分がありますが、はバストトップの黒ずみも薄くなるのでしょうか?ピンク乳首になりたい女性は参照されてみてくださいね!
ちくびの色をきれい色にする方法
ちくびの黒ずみは治るの?乳頭の色をきれいなピンク色にする方法についてお話しています。どうしてもバストトップって、黒ずみやすい女性もいますし、摩擦で黒ずむ可能性も高いですからね。