合掌のポーズはバストアップに有効です!

胸を大きくするためには、バスト全体を支える大胸筋が必要です。

 

 

それをつくるのに必要なエクササイズで有名なのが合掌のポーズ

 

「合掌のポーズ」バストアップの手段として、有名ですが、本当にバストアップに効くの?と
気になるところではありませんか?

 

 

合掌のポーズは大胸筋を鍛えて胸を大きくする方法なのですが、正確には、筋肉をつけるというよりも筋肉を刺激するといったイメージです。

 

 

ただ、合掌のポーズがバストアップに効くポイントもあります。ここでは、合掌のポーズのいろいろなやり方とポイント、大胸筋を鍛えて得られる効果を紹介します♪


スポンサードリンク


合掌のポーズでのバストアップの効果的なやり方

 

<大胸筋を鍛えてえられる効果>

・胸の垂れを防ぐ    
・ハリのある胸にする
・大胸筋をひきしめる  
・胸板をあつくする

 

 

<合掌のポーズ>

@姿勢をよくして、胸の前で手を合わせる(合掌:拝むポーズ)
Aひじは肩のラインまで上げて、直角に曲げる
B息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)
※手と手の間に雑誌や電話帳、本などの分厚いものを挟んで行うとよい。
C5回×1日3セット  毎日行うとよいですよ!

 

☆腕に力をいれて押すのではなく、胸の筋肉を意識して行うのがポイント!
 腕に力をいれすぎると疲れます。

 

☆合掌のポーズのまま、手の高さはそのままで、左右に両手のひらだけを平行移動させたり、
 左右にねじったりすることをプラスすれば、そのあたりの筋肉もほぐれます!

 

 

個人的には、合掌のポーズ〜進化バージョン〜の方もおススメです!
自分の狙う効果に合わせて、変えられるからです。

 

 

<合掌のポーズ〜進化バージョン〜>

@手のひらとひじを合わせる
Aひじの位置を口元の高さまで上げる  15秒止める
B戻す これを3回繰り返す
※Aのひじをあげる位置によって効果が異なります

 

口元まで:バスト全体を上へあげる効果     胸の前まで:バストを寄せる効果
おへそ:カップのサイズをあげる効果

 

すべてを3回ずつ行っても良いし、自分の効果をもたせたい部分を頑張っても良いです。

 

 

 

<腕立て伏せ>

大胸筋を鍛えるのに有効なのが、腕立て伏せ。普通のやり方でOKですが、腕立て伏せが難しい人は、
膝を床につけて行ってもよいです。このほうが楽にできます。大体10〜15回を毎日続けましょう。

 

一度にやりすぎて疲れて次の日からできにくくなるよりも、
毎日少しずつでも行って行ける方が、筋力定着につながりますよ☆

 

色々ありますが、無理をしすぎず、楽しんで行うことが大切だと思います。
自分のバストが理想の胸になったときのことを想像しながら・・・

 


しかし!
上記でも、胸の土台となる筋肉は鍛えられますが、効率は良くないです。

 

なぜなら、腕立てなどは、腕の筋肉なども鍛えてしまうため、胸の土台となる筋肉だけを集中して鍛えることはなかなかできにくいという欠点があります。

 

 

ただ、合掌のポーズで大胸筋を鍛えるだけではバストアップ自体の効果が出にくいんですね。

 

筋肉をつけて土台をつくることは非常に重要ですが、バストアップには他にも大切なことがあるのです。

 

 

それが、血液循環。バスト周辺の血液循環をしっかりとよくしてあげなければ、土台ができてもバストがふっくらと成長してきません。

 

 

循環を良くするためにに必要なのは、バストマッサージです。

 

バストマッサージの方法と注意すべきポイントとは?⇒

 

 

ポイントを押さえてうまく実践されて、バストアップを成功させてくださいね^^

スポンサードリンク



関連ページ

お風呂でできるバストアップ
お風呂で手軽にできるバストアップ方法についてのページです。水中の圧力で手軽に大胸筋アップを計っていきましょう!
腕立てバストアップの効率的なやり方
バストアップ方法なら腕立てが効果的なのでしょうか?大胸筋を鍛えたい痩せ型女性の方は是非参考にされてみてください!

スポンサードリンク