ピラティスがバストにいいってホント?

ピラティスとはストレスを解消し、心の底からリラックスさせてくれるエクササイズです。西洋のヨガといわれる緩やかな運動のことで、激しくないので、腰や膝もいためません!

 

 

負傷兵のリハビリのために考案されたピラティスはベットの上でも行えます。体の弱い人にもお勧めのエクササイズです。体のゆがみをなおし、筋肉を鍛えることの主気を置かれています。ピラティスを続けることで筋肉にしなやかな柔軟性もでてきます。

 

 

そんなピラティスでとても大切なのが、呼吸法。

 

胸式呼吸といって、主に、女性はわりと意識しなくても胸式呼吸になっていることが多いようですが、正しいやり方をマスターして、バストアップにつなげましょう!


スポンサードリンク


 

<ピラティスは胸式呼吸>
呼吸法の効果を最大限に利用して、
効率よくインナーマッスルを鍛えられるのがピラティスのメリット。
肺をふくらませることで、横隔膜が広がり、血行がよくなります。

 

 

胸部の血行が良くなると、バストにたまった老廃物をちゃんと排出できるようになり、
バストに必要な栄養が届けられやすくなり、
バストアップしやすくなります。

 

 

いくらよい食べ物を食べても、血行がよくなければ、
栄養が胸まで届きませんものね。
しっかり、血流を良くして、栄養をバストへ届けられる
体質にしていきましょう!

 

 

 

 

呼吸法:息を吸う時にお腹が膨らまないようにやってみよう!

 

@背筋を伸ばして、骨盤を床に垂直に保ってすわる
A両手を肋骨(ろっこつ)に軽く添える
※肩が上がらないよう肩甲骨をあげないことを意識しよう
B鼻から息を吸う。肋骨が左右と後ろに広がるように。
Cおへそと背中を近づけたままで、口から息を吐く
※広がった肋骨がもとの位置に戻るよう、手でかるく押す

 

 

<腹筋と背筋をバランスよく鍛えるピラティス>

 

@四つん這いになる(手足は肩幅に開いてバランスをとりやすくする)
A息を吸いながら、右手と左足を床に水平になるようにピンと伸ばす
※左手と右足で体制を保っている状態!
 そのまま5回呼吸するまでキープ!
 手足を入れ替えて行い、交互に3セットやってみましょう!

 

※バランスがうまく取れない方は、Aで手足が床に水平にならなくても、
しっかり伸ばしただけでOKです!

 

 

これで、背筋、背中ラインが美しく保てますよ!

 

 

<バストに効果のあるピラティス>

 

「ブレストストローク」

 

背筋を呼吸を意識しながらするようなイメージです。
二の腕と背中を引き締めて、バストアップ!

 

 

@うつ伏せになって、足を骨盤幅に開いて、
 おしりの上でティッシュの箱をもつ
※エクササイズ用のボールがあれば、ボールがベスト!

 

A息を吐き切って→息を吸いながら、
 肩甲骨、両腕を引きよせ、背筋を使って体を起こす
※両手をおしりより高くもちあげると効果アップ!
※ただ首をもちあげているだけでは意味がありません。
 上半身全体をもちあげて!

 

B息を吐きながら、下に体を戻す
 朝晩8回ずつが望ましい!

 

 

以上のピラティスを繰り返し行っていくことで、徐々にバストアップしやすい状態に近づいていきます。頑張りましょう!

スポンサードリンク



関連ページ

ヨガでバストアップ
胸を大きくする運動ってあるで「ヨガ」でバストアップした方が増えていますよ!なぜヨガをしているとバストアップしていくのでしょうか!?オススメのヨガポーズ3つをご紹介!